お野菜と雑穀食堂 ∞ tuning table ∞

お野菜と雑穀、薬膳の知識を駆使し、美味しくて美しくなるお料理を提供中の∞tuning table∞ 主催、はとりーぬのブログ。美味しさは、美しさと調和する。そんな想いを日々深めながらお料理精進しています。毎週金曜日、東まずま駅徒歩1分「表現スペース4」にてカフェ営業を行っています。

お野菜と雑穀食堂 ∞ tuning table ∞ 今日の一皿

人参とひよこ豆の garden ピラフ

f:id:lovekyoko:20170616193352j:plain

今日は毎週金曜日に主催するカフェの日。

元気な日差しと一緒に輝く女性たちに捧げる、菜園ピラフです。本格的な梅雨に向けて、薬膳でいうと脾という臓器にloveを贈る献立となりました。今日はその一皿をご紹介します。

 

∞作り方∞(2人)

米1cp

べジストック 1cp(温かいもの。飲んでみてほんの少し塩味が強め位に整える)

人参 1/2本みじん切り

玉ねぎ 1/4個みじん切り

exv. olive oil  大匙1強

ゆでたひよこ豆 120g前後

プチトマト10個

飾り野菜(硬めにゆでたブロッコリー、ミニレンコン、ラディッシュ

 

①まず、プチトマトでセミドライトマトを作る。

 半割したプチトマトに軽く塩をして、オーブンの天板に重ならないように並べ、110度で70~90分乾かすように火を入れる。(一度にもっと多くの量を作ってしまうと便利)

 

②ピラフに取り掛かる。

 みじん切りにした人参、たまねぎをexv.olive oilでじっくりと弱火で炒める。

 一つまみのお塩を最初から加えると仕上がりが早い。

③米も加え、米が熱くなる程度まで火を通す。

ひよこ豆を加えざっと混ぜる。(この段階でお好みのスパイスを加えても。

 ブラッククミンやドライのバジル、タイムなどがおすすめ)

④温めてあったべジストックを③に加え、沸いたら蓋をして弱火で10分炊く。

⑤さっくりと混ぜ、5分蒸らす。

⑥12㎝の底取れ型のスポンジ型を濡らし、お好みの量のピラフを詰める。

お皿にひっくり返し、お好みの野菜で飾る。

 

お味のポイントは出来立てドライトマトの酸味!

盛り付けはほどほどにしておいて別盛りでたっぷりと添えて、ぜひ「追いドライトマト」しながら召し上がってみてください。

 

展開料理

豆乳ホワイトソースを掛けてパセリとパン粉を振ってオーブンで焼き上げたら、おなかにもたれない、でも満足感一杯の冬のごちそうになりますよ。